広告スペース
<広告>完全無料のWEBスクール | 小泉司法書士予備校

会社法・商法について/司法書士解答速報

司法書士の受験科目について。このページでは会社法・商法の説明をしています。

会社法・商法の基礎知識

商法は、私法の一般法である民法の特別法で、2006年に大きな改正がありました。その際に、会社法が新しく施行されました。これにより、それまで、商法旧第2編「会社」、旧有限会社法、旧株式会社の監査等に関する特例に分かれて規定されていた会社に関する法律が一本化されました。このため、勉強をする上でも、体系的に理解しやすくなりました。

会社法・商法の出題数と傾向

<筆記試験>午前の部 8問

司法書士試験の場合は、ほとんど会社法からの出題になります。推論問題は少なく、条文についての正確な知識が問われます。また、改正が頻繁にある科目です。以前は、改正から2、3年は試験には出ないといわれていましたが、現在はそのようなことはありませんので、改正情報に注意が必要です。
勉強法としては、商業登記法の基礎になる科目なので、民法や商業登記法といった関連科目との関係性、違いをきちんと理解するようにしましょう。

スポンサード リンク

 

解答速報会/合格ライン点
各スクールへのリンク

司法書士について知ろう!