広告スペース
<広告>完全無料のWEBスクール | 小泉司法書士予備校

受験者数と合格者数/司法書士解答速報

司法書士試験の受験者数は、年々増加しています。そして、司法書士試験は、合格判定の方式が相対評価なので、これに比例して合格者数も増えています。合格率は例年2%台後半で推移しています。

司法書士試験の受験者数と合格者数

出願者数
受験者数
合格者数
平成22年
33,166
26,958
948
平成21年
32,558
26,774
921
平成20年
33,007
27,102
931
平成19年
32,469
26,860
919
平成18年
31,878
未公表
914
平成17年
31,061
未公表
883
平成16年
29,958
未公表
865
平成15年
28,454
未公表
790
平成14年
25,416
未公表
701
平成13年
23,190
未公表
623

10年間の間に、出願者数が1万人増えています(受験者数は、平成18年以前は未公表)。
同時に、合格者数も300人以上増えており、合格率はほぼ横ばいです。
司法書士試験は、合格率3%以下という難関資格でありながら、このように受験数が大幅に増えているのは、司法書士という資格の将来性が認められているためでしょう。

ちなみに、現在日本では、国民への法的サービス充実のために、司法改革が行われており、司法試験の合格者も同じ時期に、1000人程度から3000人程度にまで増加しています。これは、海外先進国に比べて、日本の法律家の人数が少ない現状の改善を目指したもので、国の施策として、弁護士やその隣接資格の合格者数を増やす方針が示されたことも、大きく影響しています。

スポンサード リンク

 

解答速報会/合格ライン点
各スクールへのリンク

司法書士について知ろう!